エコ運転日記(最終章)

【レポート 最終章】
前回までに紹介したような運転を1週間続けてみた。
燃費が良くなるような運転のし方はないか、なんていう事から始まったこの実験的試み、それなりの効果があったのには驚いたのだが
それ以上に驚いたことが・・・
何故だかはわからないが運転そのものが楽になった事。
もともと、運転そのものは好きな方なので全然苦にはならなかったのだが、この実験をしてみて運転をしながらでも常に余裕を感じていたような気がする。
ホントに理由は判らないのだが、そんな副産物も得られ満足の内にこのレポートはおしまい(笑)
最後まで飽きもせず、お付き合いいただきありがとうございました。
よくよく、読みかえしてみると、当たり前の事しか書いていませんが、運転の際に意識するかしないかで燃費に大きな差がでてくるのではないかと思います。
皆さんも騙されたと思って、一度試してみてはいかがでしょうか(笑)



エコ運転日記(その3)

【レポート その3】
⑤停止
信号待ちに耐え、発進し、順調に走っている先で待ち構えているのが次なる信号!!
これまでなら目で待ち受ける信号が「青」なら、このまま突っ切ってやろうと思い、さらなる加速をしていくのだが(そこにスピード違反の落とし穴があるとも知らず)
ここは我慢!!
法定速度プラスαを維持して突き進む(笑)
やがて、交差点に達する前に前方の信号が変わる。
その時にアクセルから足を放して、残りを惰性で(とは言ってもシフトドライブのままで!)走らせ。スピードが落ちところでブレーキで停止。
注)これを後続車居る時にやると、後ろから怒られる!!(笑)

⑥再加速
ここでまた、マニュアル車を参考に・・・
マニュアル車で走行中に速度を上げたい時、単にアクセルを踏めば速度は上がっていくが、速度の上がり具合はユックリ。
高速道路への合流などで一気に速度を上げたい時はシフトを一つ下げてやる。
オートマ車でも、走行中にアクセルを踏んでやるとシフトは下がる、ただ、踏み方によってはいつシフトが変わってくれるのか判らない。
その、いつ変わるかわからないシフトダウンを解決してくれる方法が、「アクセルを思い切り踏み込む」おそらくどのオートマ車でも通用する方法だと思う。
ここからは、またまた私の私見だが、アクセルをゆっくり踏み込んで機械任せでシフトチェンジを待つより、一旦、思い切り踏み込んで強制的にシフトチェンジさせた方が
燃料の消費量が少ないような気がするのだが・・・ 車にお詳しい方、ご存知なら教えていただきたいものです(笑)
アクセルを踏み込んでシフトダウンさせたらすぐにアクセルを緩める。(さもないと急激に車の速度が上がってしまいます)
そして、エンジンの回転を徐々に上げるようにアクセルを踏み込んでいくとスムーズな再加速がイッチョ上がり(笑)

※次回は最終章



エコ運転日記(その2)

【レポート その2】
②加速
私の今の車は「4足オートマチック」CTV(http://car-moby.jp/39911)とは違いギアが切り替わるのが、軽いショックがあるのでよくわかる。
そして、ギアがシフトアップするのと同時にエンジン回転が下がる。
ここでまた、マニュアル車を運転していた時の応用!!
シフトアップ時にエンジンの回転が下がったタイミングで一瞬アクセルから足を放し、改めて踏みなおす。
この踏みなおす時は、発信時と同じように『エンジンの回転が上がっていく割合と車の加速の割合が感覚的に同じになるようにアクセルを開けていく』
これを都合3回(3足ギアまで)繰り返して加速はひと段落。

③クルージング
加速の最後に訪れる3回目のシフトアップ、ここでトップギアに入ってくれるのだがこの時も、これまで同様エンジン回転数は下がる。
私の車は時速50キロにならないとトップギアにシフトアップしてくれない、法定速度50キロの道路ならトップギアに入った時のエンジン回転をそのまま維持するように
アクセルをほんの少し踏み込む(実際にはほとんど踏み込んでいない、むしろ踏み込むというよりアクセルの上に置いた右足の親指にほんの少し力を入れる程度と行った方がピッタリくるくらいの力の入れ具合)
法定速度60キロの道路なら、そこからさらに少し踏み込んで速度を上げてやる。
こうして、文章にしていると当たり前の事を書いているだけの様に思えてくるのだが、実際にはこれまでそんな繊細な運転の仕方はしていなかったように思う。
発信したらアクセルは踏みっぱなし!! みたいな(笑)

④制限速度
制限痩躯度ピッタリで走っていると後ろの車から怒られる!!
道交法的には間違ってはいないのだが、実際に制限速度で走ってみると遅いと感じる。
だからいつもは制限速度に対して5キロから10キロくらいスピードアップして走るようにはしている。
とは言え、パトカーや白バイには気を付けましょう(笑)

※次回は停止と再加速につながります。



エコ運転日記

【イントロダクション】
下の写真をご覧いただきたい。
車に乗っておられる方ならおなじみのフーエルメータと走行距離メータである。

信号で停車中に撮影した画像だが、燃料の残量と走行距離にご注目を!
これまで何の意識もせずに運転していた頃は、このくらいの走行距離だと
燃料残量は下から二番目のメモリを優に下回り、一番下のメモリとの間の中間あたりまで減っていたものである。
今回に限って言えば、まだ二番目のメモリより少し上回ったあたりを指しているのがお分かりいただけるだろうか。
現在の車のメンテの状況を考えると、けしていい状況とは思えない。
(タイヤの空気圧・エンジンオイル共に前回メンテの時期から3か月以上たっている)
にもかかわらず、明らかに燃費が良くなっている。
今回は、この結果に至った実験的運転のレポートをしてみたいと思う。

“エコ運転日記”の続きを読む

七転八倒(つづきのつづき)

いざ、総合病院へ!

紹介状で来院したとはいえ、先ほどの町医者での検査と同じことを再度…
尿検査なんか、さっきも「絞り出した」感があったので、話して出るのか~??
なんて思ったいたのだが、「出るもんだね~」(笑)
そして、新たに加わった検査が「レントゲン」。
これでいよいよ「結石」くんとご対面か~

“七転八倒(つづきのつづき)”の続きを読む

七転八倒(つづき)

前回からの続き。

診察室へ入ったら、「先ずはベッドへ…」なんて言われ、言われるがままに。
掌で腹部を押えられたリ、トントンされたり、そしたら「エコー撮るね~」だって。

チョット冷たいからね~ って。
「冷たっ!!」
ホント冷たいな~ 「ちょっとは温めておいてくれても」と思いつつも顔は何事も無かったかのように(笑)

先生曰く、おそらく「尿管結石」だね~ だって!!
これから、「紹介状を書くから『〇〇会』の泌尿器科へいってみて」って!

そして、市内では有数の総合病院の泌尿器科へ いざ Go!!

そのころになると、原因が「結石」とハッキリしたので、その後、痛みが襲ってきても
痛みに「立ち向かう」的な気持ちが沸き上がって来るから不思議なもんだ(笑)

この次は、かかりつけの町医者から大病院へ・・・